ブログBlog

【東名高速道路(上り線)】
ドッグランがあるSA大特集!!!

【東名高速道路(上り線)】 ドッグランがあるSA大特集!!!

はじめに

2019年5月26日に全線開通から50周年を迎えた東名高速道路。
戦後の復興、日本の発展を長きにわたって支えてくれています。
今回は、名古屋方面から東京方面へ向かう上り線にある5か所のドッグランをご紹介します。

上郷SA(上り)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Noel(@pbn_retriever)がシェアした投稿

初めにご紹介する「上郷SA」のドッグランは、全体が砂地で覆われているのが特徴です。

ドッグランの入り口付近に、足洗い場があるので、遊び終わったあとにワンちゃんの足をきれいにしてあげれば、車が汚れなくていいですよね。
長距離ドライブで東京方面に向かわれる場合、次の牧之原SAまでドッグランのあるサービスエリアがないので、ここでワンちゃんをリフレッシュさせてあげることをお勧めします。

《参考》Honda

牧之原SA(上り)

次にご紹介するのは、東名高速道路最大規模のドックランを持つ「牧之原SA」です!

このドッグランは、なんと直線距離が50メートルもあり、のびのびと運動できるのが魅力です。
また、ワンちゃん専用のゴミ箱や水飲み場、トイレ、ウンチ袋などもちゃんとあるので、いっぱい遊んでたくさん休憩できます。

《参考》Honda

EXPASA富士川(上り)

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌼えりーまま(@margareterry)がシェアした投稿

続いてご紹介するのは、富士山の眺めが抜群の「EXPASA富士川」!

富士山の次に目立つ観覧車のふもとに、芝生のドックランがあります。
ドッグラン自体は、他と比べるとやや小さめではありますが、ここの特徴はなんといってもその観覧車!ペット専用のゴンドラがあり、ワンちゃんと一緒に乗って、ともに景色を楽しむことができるんです!(ペット分の料金はかかりません)
また、ワンちゃん専用のゴミ箱やトイレ、足洗い場も設置されており、人間もワンちゃんもリフレッシュできそうなサービスエリアです。

《参考》Honda

EXPASA足柄(上り)

 

この投稿をInstagramで見る

 

まんまるまぁる(@mikacchicake)がシェアした投稿

次にご紹介する「EXPASA足柄」には、小・中型犬用のドッグランが設置されています。

なだらかな起伏のある人工芝のフィールドに、様々なアジリティもあるこちらのドッグランは、ワンちゃんたちにとってドライブのストレスを発散できる、絶好のスポットになるはず!
飼い主さんもテラスやベンチでゆっくりできますよ。

またドッグラン内には、ワンちゃん専用の水飲み場、ゴミ箱、足洗い場、トイレもしっかり設置されています。

 

《参考》Honda

鮎沢PA(上り)

 

この投稿をInstagramで見る

 

かんちゃん(@asyuharumama)がシェアした投稿

最後にご紹介するのは、「鮎沢PA」です。

590㎡の広々としたドックランは、全体が芝生でおおわれており、ワンちゃんが楽しく遊べます。
水飲み場や犬用トイレ、ゴミ箱、ベンチも完備していて、とても便利ですね。また、ゴミ箱にはティッシュペーパーやウンチ袋なども備え付けてあるそうです。

なお、ドッグランは入り口付近にあるので、歩く距離を短くしたい飼い主さんには、車を静岡寄りに停めることをお勧めします。

《参考》Honda

まとめ

前回特集した新東名高速道路は、上下線でほとんど同じサービスエリアにドッグランが設置されていますが、こちらの東名高速道路では、上下異なる場所にドッグランが設置されています。
行きと帰りで、各地のご当地グルメや、違った景色などを楽しむことができるかもしれませんね!

以下、ドッグランの設備をまとめてみました。

場所 水飲み場 シャワー 排泄物用ゴミ箱 ワンちゃん専用商品販売 広場面積
上郷SA(上り) お菓子 200㎡
牧之原SA(上り) 660㎡
EXPASA富士川(上り) お菓子 240㎡
EXPASA足柄(上り) お菓子 330㎡
鮎沢PA(上り) お菓子 590㎡

《参考》NEXCO中日本

NEXCO中日本より

「ドッグラン以外の場所では、必ずリードをつけ、愛犬から目を離さないように注意し、他の犬やエリアご利用者の迷惑とならぬようにご配慮いただきますようお願いします。」

物件検索

エリア
賃料
 〜 
間取り
こだわり