ブログBlog

【東名高速道路(下り線)】
ドッグランがあるSA大特集!!!

【東名高速道路(下り線)】 ドッグランがあるSA大特集!!!

はじめに

東名高速道路は、2019年に全盛開通から50周年を迎えました。
世界銀行から4度にわたり、計3億ドルの貸出を受けて完成させた東名高速道路は、日本の戦後の発展を支え続けてくれている大動脈とも言えます。
今回は、東名高速道路(下り線)に併設されているドックランをご紹介します。

EXPASA足柄(下り)

 

この投稿をInstagramで見る

 

みや(@pocomiya)がシェアした投稿

東名高速道路の下り線には、ドッグランが2つあります。
まずご紹介するのは、「EXPASA足柄」です。上り線のSAにもドッグランはありますが、下り線にもあるんです!

こちらは全犬種用と小型犬用と分かれているので、小さいワンちゃんも大きいワンちゃんを怖がらずに、目一杯遊ぶことができます。
そして、ワンちゃん用の水飲み場やゴミ箱はもちろんのこと、ワンちゃん用の遊具も設置されています。

またドッグラン内には、ベンチだけでなく、屋根付きのテラス席があるので、飼い主さんも愛犬を見守りながら、ゆっくり休むことができますね。

《参考》Honda

美合PA(下り)

 

この投稿をInstagramで見る

 

dale 🐩(@chip_dale_papa)がシェアした投稿


2つ目にご紹介するのは、「美合PA」のドッグランです。

芝生と砂が入り混じった広々としたフィールドに、傾斜や茂みなどもあって、走りがいがありそうです。
ほね型の水浴び場など、ちょっとしたところにワンちゃんのモチーフもあり、飼い主さんもワンちゃんもきっと楽めるのではないでしょうか。

また、こちらのドッグランには、屋根付きの休憩所が設置されているので、突然の雨や、強い日差しの時でも快適に過ごすことができます。
もちろん、ワンちゃん専用ウンチ処理ボックスやトイレ、水飲み場も完備されています。

《参考》Honda

まとめ

東名高速道路は、上り線と下り線で違うところにドッグランが設置されています。
下り線は2か所と少なめですが、上り線とは異なる場所で立ち止まることができるので、違う風景などを楽しむことができるかもしれません!

以下、ドッグランの設備をまとめてみました。

場所 水飲み場 シャワー 排泄物用ゴミ箱 ワンちゃん専用商品販売 広場面積
EXPASA足柄(下り) お菓子 全犬種用 600㎡
小型犬用 290㎡
美合PA(下り) 330㎡

《参考》NEXCO中日本 世界銀行

NEXCO中日本より

「ドッグラン以外の場所では、必ずリードをつけ、愛犬から目を離さないように注意し、他の犬やエリアご利用者の迷惑とならぬようにご配慮いただきますようお願いします。」

物件検索

エリア
賃料
 〜 
間取り
こだわり