アニコムホールディングスとの業務提携について

アニコムホールディングスとの業務提携について
~ペット共生住宅のサービス向上強化など、各種事業で提携~

株式会社アドバンスネット(代表取締役社長 小丹枝静也、以下「アドバンスネット」といいます。)とアニコム ホールディングス株式会社(代表取締役 小森 伸昭、以下「アニコム ホールディングス」といいます。)は、本日、ペット領域において相互に協力し、各種事業を強化していくことを目的に、業務提携することに合意いたしましたのでお知らせいたします。

 

国内のペット産業全体の市場規模は、毎年、拡大し続けており、2018年には、約1兆5千億円を超えています(※)これは、現代社会において、私たち人間とともに暮らすペットは、「家族の一員」であるとの意識の高まりが背景にあります。こうした中で、人とペットが共に、より良い環境で暮らすことが出来る住環境へのニーズも高まりつつあり、アドバンスネットはこれまで約24年もの間、人とペットとの暮らしをトータルにプロデュースするペット共生賃貸管理事業を行ってまいりました。一方アニコムホールディングスでは、国内シェアNo.1のペット保険を販売する、アニコム損害保険株式会社をはじめとした子会社を通じて、ペットの一生涯をあらゆる分野から支えるビジネスを展開しています。本提携によりアニコムホールディングスと協力して、ペット共生住宅等の普及・促進等につなげていきたいと考えています。

 

具体的な提携の内容は、
・新たなペット共生住宅の企画・開発などのプロデュース
・高齢者が安心してペット飼育できるための住宅やヘルスケア施設の整備

 

等のハード面での検討に加え、これらの住宅でより良い暮らしをするための飼い主同士のコミュニティの創設、ペットのイベントの開催や近隣への動物病院の誘致等のコンサルティングを通じたソフト面での充実を提供していきたいと考えています。

 

本業務提携により、両社それぞれのリソース・強みを活かし、両社の顧客に更なるサービス展開していくとともに、どうぶつ業界全体の一層の発展に寄与し、人が「家族の一員」であるペットと長く健康に、そして幸せに暮らせる社会を創造してまいります。

(※)出典:㈱矢野経済ペットビジネスマーケティング総覧2019年版